登山ギア 登山

【MSR】ハバハバNX レビュー!エリクサーとの違いは?

04/17/2021

ずっと欲しかったMSRの軽量テントハバハバNXを購入しました。
キャンプや山でテント泊をしたことがある方であれば1度は目にしたことがあるはずです。
ハバハバNXを購入した理由とエリクサーとの違い、最後に実際に使用した感想をレビューします。

 

 

 

 

ハバシリーズ詳細

仕様比較

ハバシリーズは軽さを重視したバックパッキングテントになります。
ハバシリーズの基本情報です。(2021/4時点)

テント名 ハバNX ハバハバNX マザハバNX
金額(税込) ¥58,300 ¥68,200 ¥84,700
定員 1 2 3
ドア数 1 2 2
総重量 1290g 1760g 2180g
収納サイズ 46×15cm 46×15cm 53×17cm
フロア面積 1.67m² 2.7m² 3.67m²
前室面積 0.84m² 1.62m² 1.3m²
室内最大高 91cm 100cm 100cm
フットプリント 別売り(¥44,00税込) 別売り(¥5,280税込) 別売り(¥6,160税込)

 

 

サイズ比較

◆ハバNX

 

◆ハバハバNX

 

◆マザハバNX

 

出典:MSR公式HP

 

今回は夫婦2人でテント泊に行くこともあるためハバハバNXへ決めました。
マザハバも悩みましたが、寝るだけなのでマザハバの広さは不要と判断しました。
人数が増える場合もマザハバに三人で寝るのはちょっと狭苦しいので、もし増える場合はテント2個持っていきます。
これまでモンベルのステラリッジ1型を使用していたため、居住スペース1.5倍で前室もかなり広くなり大満足です。

 

 

 

エリクサーと比較

ここまでハバハバを紹介しましたが、エリクサーと何が違うのかわからない方もいると思います。
比較表で同形状のハバハバNXとエリクサー2を比べてみます。

仕様比較

テント名 ハバハバNX エリクサー2
金額(税込) ¥68,200 ¥38,500
定員 2 2
ドア数 2 2
総重量 1760g 2770g
収納サイズ 46×15cm 53×17cm
フロア面積 2.7m² 2.69m²
前室面積 1.62m² 2.22m²
室内最大高 100cm 102cm
フットプリント 別売り(¥5,280税込) 付属
フライ耐水圧 1,200mm 1,500mm
フロア耐水圧 3,000mm 3,000mm
フライ/フロア素材 エクストリームシールドポリウレタン&シリコン ポリウレタン&DWR
ポール材質 イーストンサイクロン 7000シリーズアルミ

 

ハバハバのフライとポールの材質については公式の説明を引用します。
すごい素材が使用されているようです。

出典:MSR公式HP

 

 

結局どっちが良い?

広さなどの居住性能はハバハバもエリクサーも同等です。
エリクサーはフットプリントが付属されており、価格もハバハバと比べて約半額となっています。
価格に惹かれてエリクサーを買ってしまいそうになりましたが、よく調べてみるとハバハバのいいところがいろいろあります。
ハバハバNXは重量が1kg軽くポールも丈夫、そしてコーティングが約3倍長持ちと長い目で見るとハバハバの圧勝です。

今回は登山での使用がメインのため、性能重視のハバハバNXを購入することにしました。
耐久性はどうでもいいので価格重視という場合はエリクサーを選択しても全く問題ないと思います。
MSRテント使用してれば間違いなくカッコよくて目立ちますからね。

 

ココがポイント

バックパックの場合は後悔しないためにもハバシリーズがオススメ

 

 

 

使用レビュー

サイズ

ペットボトルとの比較です。
紐で絞れるため、収納もしやすくコンパクトになります。

 

 

設営

設営は次の4ステップです、5分程度で設営可能です

1.フロアを広げます。

2.ポールを組み立てます。

 

 

3.ポールにフロアのフックを引っ掛けます。

4.フライを被せて完成です。

 

 

 

居住性

前室が左右に配置されているため、2人の場合でも動きやすいです。
広さもあり荷物を置くスペースが十分に確保されています。

 

 

サーマレストマットも余裕で二つ並びます。

 

 


 

 

オプション

テントのオプション品を一部紹介します。

フットプリント

テントを購入する場合は必須のアイテムです。
袋と一体化されているため、非常にコンパクトになります。

 

 

ギアシェッド

テントを拡張することができるギアシェッドです。
テントだけでは収納場所が足りないという方にはオススメのアイテムです。

 

 

 

まとめ

軽さと居住性を重視したMSRのハバハバNXの紹介でした。
設営、居住性は文句なしのテントです、何より見た目がカッコよくて大満足です。
少し高いテントですが、値段以上の価値があると思います。
気になっている方は是非検討してみてください。

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

tana

サラリーマンランナー
キャンプや登山、旅行などの記録を投稿中。
最新のガジェットも紹介していきます。

-登山ギア, 登山

Copyright© tana blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.