登山記録 登山

【九州百名山】福智山(福岡県北九州市) 源平桜と虎尾桜巡り

04/03/2022

福岡で大人気の福智山へ桜巡りの登山へ行ってきました。
虎尾桜と源平桜はほぼ満開で圧巻でした。
その他にも鷹取山の水仙や福智山山頂の国見岩と見所たくさんの山でした。

 

 

 

山情報

山情報

山名称 福智山
住所 福岡県北九州市(直方市)
アクセス 九州自動車道 八幡ICから約14km
標高 900.6m
駐車場 有り/無料
日本百名山 ×
九州百名山

 

地図


木馬登山口へは川棚町立石木小学校から入り、106号線を進みます。
結構狭い道がありますが、道なりに進めば登山口へ到着します。

 

 

駐車場

駐車場は上野越ルート駐車場があります。

 

複数箇所無料の駐車場が設置されています。

 

 

登山口に一番近い駐車場です。
こちらは休日はすぐに埋まってしまいます。

 

 

桜の時期に訪れましたが、9:00頃には道路脇の駐車スペースもほぼ埋まっていました。
この時期はできるだけ早く到着することをお勧めします。

 

 

 

山行データ

データ

登山日:2022年4月2日(土)
天候:くもり時々晴れ
同行者:妻(エミ)
距離:9.3km
時間:7:00(休憩:1:00 + 写真撮影:1:30)

 

 

 

 

登山ルート

登りは上野越しルートから虎尾桜、鷹取山に寄り道して福智山山頂へ向かいます。
下りは八丁越しルートから源平桜に寄り道して下山です。
標準タイムは往復で約5時間程度です。

チェックポイント
1.虎尾桜
2.鷹取山水仙
3.福智山国見岩
4.源平桜

 

 

スケジュール

  • 5:30  起床
  • 6:30  家出発
  • 9:00  登山口到着/登山開始
  • 9:40  虎尾桜
  • 11:00  鷹取山(山頂)
  • 12:15  福智山(山頂)着/昼食
  • 13:30  下山開始
  • 14:45  平家桜
  • 16:00  登山口到着

 

 

 

登山記録

上野越しルート(登山開始)

駐車場のトイレから左に曲がり、旧温泉施設を超えると登山口が見えてきます。

 

いつものポーズで写真を撮り出発です。

 

 

序盤は川沿いを登ります、比較的緩やかな道が続きます。

 

 

登り初めて10分ほどで、分岐があります。
八丁越から降りましたが、記載の通り圧倒的に上野越が楽だと思いました。

 

 

虎尾桜

上野越中間地点あたりに虎尾桜へ行く分岐が現れます。
今回は橋を越えて虎尾桜を見にいきます。

 

 

5分ほどで虎尾桜が現れます。
想像以上に大きく迫力がありました。
老木のため、支えないと倒木してしまうそうです。

 

 

推定樹齢600年とのこと

 

 

この日はほぼ満開でタイミングばっちりでした。

 

 

写真ではなかなか凄さが伝わらないですが、一度は見る価値のある桜でした。

 

 

 

虎尾桜の裏を抜けて、次は水仙が咲く鷹取山へ向かいます。
少し道がわかりずらく心配になりますが、北へ登ればとりあえず車道に抜けます。

 

 

車道に出たら左に向かうと上野越えルートに戻ります。

 

 

この小さい看板から上野越えルートです。

 

 

 

引き続き緩やかな道が続きます。

 

 

上野越しの分岐です。
水仙を見るため、いったん鷹取山へ向かいます。

 

 

鷹取山(山頂)

鷹取山山頂です。
予想以上に水仙が咲いていました。

 

 

山頂の全体像です。

 

 

景色もよくお弁当を食べるには最高の場所です。

 

 

第二のチェックポイント、鷹取山で水仙を愛でる制覇です。

 

 

分岐へ戻り、次は福智山山頂へ向かいます。

 

 

岩々した道もあり、少し急になる箇所もありましたが最後まで登りやすりルートでした。

 

 

福智山(山頂)

鷹取山から1時間ちょっとで福智山山頂へ到着。
見所豊富で山頂まで飽きずに登ってこれました。

 

 

山頂の雰囲気です、見晴らしは良好です。
こちらで少し昼食休憩しました。

 

 

国見岩

山頂にある有名な国見岩。
ヤマトタケルが熊襲征伐の際にこの岩から国見したという言い伝えがあるそうです。

 

 

国見!!

 

 

国見岩でもいい感じの写真が取れたので満足です。

 

 

八丁越ルート(下山)

八丁越ルートから下ります。

 

 

こちらのコースは延々と傾斜きつい道が続きます。
最初の看板にあった通り、このコースから登るとかなりきついと思います。
登りは上野越ルート推奨です。

 

 

源平桜

40分~50ほど降ると分岐の看板が現れます。
ちょっと疲れてましたが、後悔したくないので源平桜へ向かいます。

 

 

60分弱で平家桜が現れます、こちらは淡いピンクの桜です。
この桜も想像の倍ぐらい大きいです。

 

 

さらに進むと源氏桜が現れます、こちらは緋色の桜です。
源平桜ともに花びらがびっしりではないですが、想像以上の巨木で迫力満点です。
一度は見る価値ありだと思います。

 

 

源平桜を後にして、1時間程度で下山しました。
合計7時間と予定より結構長い山行でした。

 

 

 

あとがき

秘境の桜と水仙、国見岩と見所たくさんの山でした。
福岡で人気のある山だけあって、登山道もしっかり整備されています。
虎尾桜も平家桜も老朽が進んでいるため、もしかすると台風などで倒れてしまうかもしれません。
行って後悔することはないと思うので、興味がある方は早めに計画して貫禄のある桜を見に行かれてみて下さい。

 

 

  • この記事を書いた人

tana

サラリーマンランナー
キャンプや登山、旅行などの記録を投稿中。
最新のガジェットも紹介していきます。

-登山記録, 登山

Copyright© tana blog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.