旅行 生活

【大分旅行】おすすめスポットを巡る 地獄から天国巡りコース

08/06/2021

大分の有名観光スポットを巡る1泊2日の旅行記です。

 

 

 

 

スケジュール

データ

2021年8月6日(金)~8月7(土)
天候:晴れ時々曇り
同行者:エミ(妻)

 

 

スケジュール詳細

スケジュール

 

 

 

 

 

旅の記録(1日目)

東洋軒

熊本から約2時間半で大分に到着しました。
まずは大分名物とり天を食べに行きます。

 

今回はとり天発祥のお店東洋軒へ伺いました。
金曜日の13:00に到着しましたが、満席となっていました。
20分ほどで店内へ案内されました。

 

 

とり天意外にもエビチリなどの中華料理も豊富に揃っていました。
今回はとり天定食とゆずとり天定食を注文しました。

 

 

とり天定食です、ポン酢とからしをつけていただきました。
サクサクで美味しかったですが、少し味付けが濃い感じでした。
ゆずとり天も美味しかったですが、お値段は観光地価格ですね。

とり天定食:1,250円(税抜)
ゆずとり天定食:1,350円(税抜)

 

 

 

血の池地獄

ホテルに向かう前に観光スポットを2件周りました。
1件目は大分で有名な地獄めぐりです。

 

共通観覧券は大人2000円です。
1箇所だけの場合は1人400円で入場することができます。

 

 

全部で7箇所の地獄がありますが、今回は一番インパクトがある血の池地獄を訪れました。

 

 

中へ入るとお土産が並んでいました。
毎日が地獄だという嫁が、うちわを購入しようか迷っていました。

 

 

お店を出るとすぐに一面赤褐色の血の色の池現れ、圧巻の地獄が広がっていました。
このとき気温も35℃と猛暑となっており本当に地獄のようでした。
大分旅行ひとつ目のスポットは大満足です。

 

 

スポンサーリンク

八幡竈門神社

2軒目は鬼滅の刃の基になったと噂の八幡竈門神社へ向かいました。

 

入り口には立派な鳥居が立っています。
血の池地獄は結構人がいましたが、こちらは貸切でした。

 

 

少し高いところに位置しているため、別府を一望できました。
鳥居の隣には機雷が設置されており、これが岩柱の悲鳴嶼が使う武器と酷似しているそうです。

 

 

次は境内にある樹齢約500年の御神木です、こちらは魂依(たまより)の木と呼ばれています。
こちらは作中に出てくる珠世(たまよ)と同じ読み方となっています。
魂依御守(1000円)を購入すると、御神木の中に入ることができます。
妻は中に入りたかったらしく、お守り購入して中に入ってパワーもらってました。

 

 

拝殿内部の天井には龍の水神様が描かれています。

 

 

この龍の水神様は漫画の中で炭治郎が使う拾ノ型 生生流転に似ていると言われています。

 

 

鬼滅キャラが描かれた絵馬がたくさん掛かっており、人気の場所だといことがわかります。
漫画と繋がる場所が色々あり、とても楽しめる神社でした。

 

 

DAIWA ROYAL HOTEL

灼熱の中での観光を終えて、宿へ向かいます。
今回はじゃらんの口コミと写真の雰囲気が良かったダイワロイヤルホテルです。

 

ダイワハウスグループのホテルとなっており、海沿いに立地しており期待大でしたが、、

 

 

 

部屋からは別府湾を眺めることができますが、窓際が清掃されておらず少しがっかりです。
蜘蛛もたくさんいました。。

 

 

夕食はフランス料理コースを予約していました。
結婚式場のレストランということもあり、料理はなかなか美味しかったです。

 

 

 

 

旅の記録(2日目)

友永パン屋

ホテルの朝食がいまいちだったので、大分のパン屋さんを調査しました。
調べたところ友永パン屋というところが人気だということで急遽向かいました。

 

大正5年に創業でとても古いパン屋さんです。
11時すぎに到着しましたが、長蛇の列ができていました。

 

 

パンの一覧です、値段の記載がありませんがすべて100円前後で購入できます。
バタートップやメロンパンなど一部売り切れの商品もありました。

 

 

1名入店ということで、外から写真を撮らせてもらいました。
パンはふわふわの生地でどれもとても美味しかったです。
コスパもよく、また行きたくなるパン屋さんでした。

 

 

 

大分農業文化公園

旅行最後はインスタで見つけたコキアを見るため、別府市から20分のところにある農業公園へ向かいました。

 

入場料は無料です、素晴らしい。

 

 

 

約5000本のグリーンコキアが並んでいます。
秋にはレッドになるようです、レッドコキアもみてみたい。

 

 

5000本のコキアが並んでおり圧巻の景色でした。

 

 

写真も映えまくりで、とても見応えがありました。
ここは大分旅行で1番のオススメスポットです。

 

 

 

あとがき

大分の定番コースを巡る1泊2日の旅でした。
ホテルが少し残念でしたが、観光スポットは見応えがあり写真映えする場所が多かったです。
大分旅行計画されている方は本ブログを参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

tana

サラリーマンランナー
キャンプや登山、旅行などの記録を投稿中。
最新のガジェットも紹介していきます。

-旅行, 生活

Copyright© tana blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.