キャンプ記録 キャンプ

【キャンプ記録】天草の秘境で絶景キャンプ!

05/04/2021

今回はアラサーキャンパー3人で天草のキャンプ場へ行ってきました。
海沿いのキャンプ場で最高の景色の中、飲んで食べて充実のGWキャンプとなりました。

 

 

 

 

キャンプ情報

今回はほぼプライベートキャンプ場のため情報なしです。

キャンプ場名称 -
住所 -
アクセス -
駐車場 -

 

 

 

スケジュール

データ

キャンプ日:2021年5月2日(日)~3(月)
天候:晴天
風:5/2の夕方まで強風、以降ほぼ無風
同行者:タロウ、S君

 

 

スケジュール

1日目

  • 7:00  起床
  • 10:30  家出発
  • 12:00  マルケイ鮮魚店
  • 12:45  アローム
  • 13:00  キャンプ場着
  • 16:00  夕食開始
  • 21:00  お風呂
  • 22:30  就寝

 

2日目

  • 6:00  起床
  • 11:00  撤収
  • 12:30  温泉(湯楽亭)
  • 14:00  昼食(AKASE海岸)
  • 16:00  帰宅

 

 

 

キャンプ記録

1日目

出発

9:30に我が家に集合。

 

S君のデリカに3人分を積載、ルーフキャリアもあり余裕で詰め込めました。
やっぱりデカい車いいですね、今年車買おうかな。。

詰め込み後、天草へ出発です。

 

 

 

マルケイ鮮魚店

キャンプ場へ行く前に刺身の調達に向かいます。
今回は上天草で有名な鮮魚店マルケイで購入しました。

 

GWということもあり、結構に賑わっていました。

 

 

店内で食事もできますし、その場で魚を捌いてもらって持ち帰る事もできます。
今回はすでに準備してある定食用の刺身を3人分(1人前1000円)テイクアウトしました。※写真撮り忘れ
刺身は新鮮でおいしかったですが、コスパ的には捌いてもらった方が良さそうです。

 

 

 

 

菓子工房 アローム

タロウからカスタードパイが有名という無駄情報が出てきたため、急遽アロームへ向かいました。

残念ながらカスタードパイは売り切れ、、
もちパイを購入することにしましたが、まあ普通でした。
また天草に訪れた際にはカスタードパイを購入したいと思います。

 

 

 

 

 

キャンプ場到着

13:00にキャンプ場へ到着。
年配のご夫婦が運営されており、ほとんど知られていないキャンプ場です。

着いた瞬間から、最高な景色の予感。
左の小屋の中に炊事場やトイレ、風呂場があります。
雨の日はこの中で宴会できるスペースがありました。

 

 

サイト側からの景色です。
右奥に雲仙普賢岳も見えます。

 

 

サイトの向こうは海が広がっており、最高のロケーションとなっています。

 

 

S君も興奮して、常設のブランコで遊びだしました。

 

 

設営前にいったん乾杯。
最高です。

 

 

 

スポンサーリンク

宴会開始

テントやタープを設営して、宴会開始です。
今回は各自で料理を考えて作ることにしてました。
メニューは以下です。
タロウ:串揚げ
S君:素材の味
田中:ビーフシチュー、ローストビーフ

 

串揚げ

まずはタロウの串揚げです、前日に仕込んできてもらってます。

 

管理人のおっちゃんにバッター液についてチャチャをいれられながら調理開始です。

 

 

豚肉や玉ねぎ、ナス、いも、トマトなどを揚げていきます。
いい感じに揚がってます。

 

 

絶景を見ながらの串揚げ、美味しくいただきました。

 

 

 

素材の味 ~準備~

次はS君の自然の味を生かしたダッチオーブン料理です。
素材の味を活かしすぎてS君の料理は不評に終わった経験があります。

 

鶏肉とじゃがいもを並べ、ど真ん中にニンニクを丸ごと投入。
レモンとハーブソルトを振って、炭火にかけます。
味は予想できますが、果たしてどうなるか?

 

 

 

夕日

一旦夕日で休憩です。

事前に作ってきたローストビーフをお供に夕日を眺めます。

 

 

夕日も案の定、最高でした。
タロウの汚い心も夕日に洗われたようです。

 

 

キャンプ場で海と夕日の組み合わせはなかなか見れないので、今回は本当にいい経験が出来ました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

素材の味~完成~

S君の料理完成です。
焼き色もちょうどよく、焼き加減は完璧です。

料理の粗探しをしましたが、鶏肉もじゃがいもも美味しく出来上がっていました。
まあ失敗しようがない内容なので仕方ない。

 

 

 

焚火

あたりも暗くなり焚火に移ります。

 

S君がランタンハンガーを自作。
右がサンゾクマウンテンの1万数千円のランタンハンガー、左がS君の無料のハンガーです。
馬鹿にしていましたが、なかなか味があっていい感じでした。

 

 

このあとビーフシチューを食べて、海水シャワーに入って締めました。

 

 

 

2日目

朝食~撤収

朝は6:00頃起床です。

 

前日食べすぎたため、朝は残ったビーフシチューを少し食べて終了。
コーヒーを飲んでダラダラ過ごして撤収しました。

 

 

最近はみんな子育てに忙しく、男三人ではなかなか自由に遊べなくなってきました。
今回はタロウに計画してもらって、最高の時間を過ごすことができました。
また時間を合わせていきましょう。

 

 

湯楽亭

帰りに洞窟風呂で有名な湯楽亭へ寄りました。
前日はまさかの海水シャワーだったため、こちらでリセットしてきました。

 

泉質もよく1人600円とリーズナブルな価格で、なかなかいい温泉でした。

 

 

AKASE海岸

最後に昼食です。
天草から熊本へ向かう途中にあるAKASE海岸です。

貝汁定食が名物のようです。
こちらはミックス定食¥1300(税込)
料理が出てくるのに少し時間がかかりましたが、美味しくいただきました。

 

 

こちらも景色がいいお店でした。
今回の絶景キャンプ旅行を締めくくるのにピッタリのお店となりました。

 

 

 

 

 

あとがき

今回は絶景が広がる天草の秘境で男三人キャンプでした。
ほぼプライベートキャンプ場ということで事前情報もなくキャンプ場へ向かいましたが、予想以上のロケーションで最高の時間を過ごすことができました。
いろんな料理を作り焼肉一辺倒から脱却して、キャンパーとしても一皮剥けることができました。
また色々道具を買って次のキャンプに臨みたいと思います。

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

tana

サラリーマンランナー
キャンプや登山、旅行などの記録を投稿中。
最新のガジェットも紹介していきます。

-キャンプ記録, キャンプ

Copyright© tana blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.